アドセンスで稼げない理由や原因は?おすすめの稼げるジャンルも徹底紹介!

アドセンスブログとして稼ごうにも、稼げない…。

ようやく審査に合格したのに一向に結果が出ない…。

モチベーションがダダ下がりして、すでにあきらめかけている…。

と、悩んだりしていませんか?

そうであれば、今回の記事が参考になるはずです!

 

Googleアドセンスは2021年以降、審査のハードルが高くなって、なかなかアドセンス審査も通らない方も多いです。

せっかく取得したのですから、ガッツリと稼ぎたいですよね!?

 

今回は、これからあなたがGoogleアドセンスで稼げない理由や原因について関して詳しくご紹介していきます。

そして、Googleアドセンス広告の2022年最新のクリック単価や、クリック率が高いおすすめのジャンルについても解説。

最後まで見てくれれば、「アドセンスブログは稼げない!」とはもう言わせませんよ!

 

アドセンスブログで稼げない理由や原因について

アドセンスブログで稼げない理由や原因について

記事に訪れる検索者さんにとっておすすめの商品広告を、Google側で自動表示してくれるアドセンス広告。

ブログを始めたばかりの初心者さんにとっては特に人気のクリック型のネット広告です。

しかし、広告を設置したは良いけど、全然稼げない・収益化ができない、、、といった声も多く聞きます。

 

現に、僕のブログコミュニティに参加したメンバーも、多くの方がアドセンスで収益化できない悩みを抱えていました。

今ではみんなノウハウを習得してガッツリ稼げるようになっていますので、さっそくあなたにもご紹介しますね!

アドセンスで月収10万円稼ぐ方法についてはこちらをチェック

 

まず始めに結論から言っておくと、アドセンスで稼ぐためには、、

  1. ブログサイトにアクセス(PV)を集める
  2. アドセンス広告のクリック率(CTR)を上げる
  3. 平均クリック単価(CPC)の高い広告が表示されるジャンルを選定する

 

これさえできていれば、アドセンスで稼げますし、逆にこれができていないと、残念ながら稼げません。

ブログ初心者さんにありがちな「稼げない理由」として、それぞれの原因ピックアップしていきます。

内容をそれぞれチェックして、解決ポイントを探っていきましょう!

ブログサイトにアクセス(PV)が入っていない

ブログにアクセス(PV)が入っていない

アクセス(PV)が入っていないのは、単純にブログ記事が検索されていないからです。

アドセンスはクリック型広告。クリックされないと収益化できない広告です。

つまり、記事内に訪れた読者さんの数を増やして、アクセス数にアップさせないと収益化できないのです。

 

だてっち
アクセス(PV)が上がる=収益が上がる と覚えてくださいね。

 

設置した広告へのクリック数に応じて、収益は発生します。

アクセスが集まれば集まるほど、クリック率(CTR)は高くなっていくことは、なんとなくイメージできますよね。

たとえクリック単価(CPC)が低くてもアクセスが多く入っていれば、アドセンス広告でも十分稼げます

 

ではどうすれば、アクセス(PV)が集められるのか?

根本的な原因は、こちらです。

ブログ記事が上位表示できていない

 

単純に、検索ページ上で上位表示できていないためです。

おそらく、あなたの記事は検索ページ1ページには入っていないでしょう。

一度、自分の公開した記事の検索ランキングを確認してみることをおすすめします。

 

上位表示できればアクセスを集まる、つまり大切なことは「検索1位」を目指す、ということ。

検索順位のクリック率はとても重要です。

最低でも、検索結果の1ページ目に表示させることができれば、自然と検索されるようになります。

 

検索1ページ目に表示できた場合の具体的なクリック率として、2022年最新のデータが以下になります。

日本の検索ページのクリック率

出典:seoClarityより引用

海外の調査サイト「seoClarity SEOクラリティ」が2021年11月に発表した検索順位別&国別のクリック率データです。

赤枠で囲った部分が日本におけるクリック率(CTR)で、1位~10位までを網羅しています。

1位は13.94%にたいして、10位は2.85%となっており、その差は約4.8倍

なので、より検索されるためには、上位表示させなければならないということになります。

 

アドセンスで稼げないジャンルを狙っている

アドセンスで稼げないジャンルを狙っている

これも根本的な原因の1つです。

稼げないジャンル、これはつまり、検索ボリュームの少ないジャンルという意味。

検索ボリュームの少ないジャンル・キーワードは、そもそも検索されません。

もっとかみ砕きましょう。

 

例えていうなら、

売れない無名お笑い芸人さんの●●●と、ダウンタウンの松本人志さんだったら、どっちが検索ボリュームがあるか?

といったイメージです。

 

圧倒的に松本人志さんの方が世の関心があって、検索ボリュームが大きい。

逆に、売れない芸人さんは、検索ボリュームが少ない=需要がない

という事になります。

 

これはあくまでイメージですが、アドセンスブログで狙う認識としては、世の中で関心が集まっているジャンルを狙う事が大切だということです。

ジャンルの検索ボリュームをチェックしよう

検索ボリュームのチェック

ジャンルとキーワードを探す際は、検索ボリュームが大きく、稼げるジャンルを狙いましょう。

 

ブログ初心者さんが失敗する方が多いのですが、なかなか検索されないテーマ・ジャンル・ネタを選定しています。

先ほども言ったように、アドセンスはアクセスが集まれば集まるほど稼げますので、

ジャンルを選定して、上位表示できたとしても、そのテーマに検索ボリュームがなければ、稼げない=収益化できないという事になります。

 

確かに、「好き」・「得意」をテーマにするのは記事も書きやすく、取り組みやすいです。

まずはそこからスタートしてもいいでしょう。

しかし、必ずしも「自分の好きなテーマ=稼げる」ワケではないという事を頭に置いておいて下さいね。

 

やはり自分でブログを作る際は、狙っているキーワードがどのくらい検索されているのかを事前に把握しておく事が大切です。

検索ボリュームはツールを使って簡単に調べることができます。

 

おすすめのツールは、

この2つが有名です。

回数は制限されますが、無料で使えるので、検索ボリュームを把握する際に利用してみるといいでしょう。

 

アドセンス広告で稼げないジャンルは?

アドセンスで稼げないジャンルは?

アドセンス広告で稼げないジャンルはあるのか?

気になると思いますので、結論からお答えすると、あります。

 

ブログサイトを作るうえで覚えておいてください。

基本的に、Googleアドセンスは、ジャンルによってクリック率の低い=稼げないジャンルがあるということを。

その代表的なジャンルが、ゲームジャンルやIT系ジャンル

 

そもそも、このアドセンス広告はITリテラシーが高い、特に若年層を中心とした属性は、表示される広告をほとんどクリック(タップ)しないです。

そのため、ゲームジャンルやITジャンルは特にクリック率が低いと言われています。

 

しかし、裏を返せばクリック率の高いジャンルを選定する事ができるというわけです。

アドセンス広告で大きな利益を出したい場合にはITリテラシーが低い人がいるジャンル選定しましょう。

 

つまり、年齢層が高めの人が好むジャンルとしてターゲットを絞る。

結果的にクリック率が高く、稼ぎやすくおすすめのジャンルということになります。

※自動広告のアドセンスですが、広告サイズも含めて種類があります。

 

また設置の際は自動配置できるAdvancedAdsを使うのがおすすめですね。

アドセンス運用前に事前にチェックしてみてくださいね。

 

すぐに結果が出ると勘違いしている

すぐに結果が出ると勘違いしている

アフィリエイト実践者の多くが稼げない原因。

それは、すぐに結果が出ると勘違いしているということです。

アドセンスブログにおいてもそうです。

始めてすぐに結果が出ず、諦めて作業を継続できていないブロガーさんがほとんど。

上位表示ができない
アクセスが集まらない
稼げない
モチベーションが落ちる
作業するのを辞める

と、負のスパイラルに陥ります。

まずはじめに伝えておきますが、ブログアフィリエイトですぐに成果は出ません

 

どんな天才でも、大きく稼ぐまでに最低でも3~4か月は要します。

一般的には、半年~1年間の長期スパンで考えたほうがいいでしょう。

 

ですので、ブログアフィリエイトを始めたての人は、継続するために、まずは正しい型を覚える努力をしていくといいです。

逆に正しいやり方を実践できていない人は、いくらやっても結果はついてきません。

現在、教材やコンサルを受けて正しいやり方を学んでいる人も同じです。

得た知識をしっかりとアウトプットして、結果にコミットしましょう!

 

SEOや読者を無視した自分本位の記事内容を書いている

SEOや読者を無視した自分本位の記事内容で書いている

あなたが書く記事、じつは自分が書きたいだけ・伝えたいだけの日記のような記事になっていませんか?

そうした記事は、SEOや読者(検索者)を無視した記事になっている場合がほとんどです。

 

検索ページで上位表示をさせるためには、SEOのノウハウをもって記事をしっかりと学ばないといけません。

またSEOにくわえて、読者が満足する「ユーザー目線の記事」を書く意識を持ちましょう。

上記を踏まえてもっとも重要なことが、、、

 

・検索キーワードを選定する

・選定キーワードにたいして、答えになっている文章か?

ということ。

SEOや読者を無視した自分本位の記事を書かない

Google、Yahoo!の検索ページ上で実際に表示されているキーワードを選定しましょう。

上記画像の赤枠部分はYahoo!の虫眼鏡キーワードです。

こうした実際に出現するキーワードを狙って記事を書いていく、ということになります。

 

たとえばですが、

「SEOとは?」というキーワードを狙って記事を書いたのに、ラーメンの関係する文章を書いたらどうでしょうか?

勘違いも甚だしいですよね^^;

 

「SEOとは?」という検索意図の場合、SEOについて正しい情報を紹介してあげる。

これが、検索意図にマッチする記事を書こうという意味合いになります。

Googleアドセンスで稼ぐためにはキーワード選定、そして検索意図も意識していきましょう。

 

アドセンス広告で稼げるおすすめのジャンルは?

アドセンス広告で稼げるおすすめのジャンルは?

アドセンス広告で稼げるおすすめのジャンルとして、代表的なジャンルは以下のとおりです。

ダイエット系
健康・美容系
転職・仕事系
金融・投資系
恋愛・結婚・冠婚葬祭系
保険系
教育系
法律系

これらのジャンルはアドセンス広告のクリック単価も高く、大きく稼げます。

当然ですがサービス(商品)の値段が高いものほど広告主は高い広告料を払ってプロモーションをします。

つまり、アドセンスのクリック単価も高くなるということ。

また、一回の支払いは安くても継続的にお金を払い続けるサービス(保険など)もアドセンスのクリック単価が高くなる傾向です。

 

ただ、ちょっと待ってください。

じつはこれらのジャンルはYMYL」といって、初心者が狙うには難しいジャンルになります。

 

YMYLジャンルはご存知でしょうか?

YMYLとは、簡単にいうと、Googleが定めた 「検索品質評価ガイドライン」の項目の一つ。

Your Money or Your Life」の略語となります。

 

YMYLがなぜ初心者にとって難しいのかというと、

Googleでは、金銭や生活に関するコンテンツの質を重要視し、信ぴょう性がない場合は評価を厳しくするという考えを持っているためです。

つまり、専門分野の正しい知識とコンテンツの質を担保しなければ、評価されない=稼げない、ということになります。

 

以下のようなカテゴリーが、さらに具体的なYMYLジャンルです。

ショッピングや金銭の取引に関するもの
投資や税金、家の購入など資産運用に関するもの
医療、健康関連
政治や法律、新しい科学技術
その他養子縁組、車の安全性など、、

 

評価基準が厳しい理由は、Googleの基本方針として

「ユーザーの利便性を最優先すること」

「だますようなことをしてはいけない」

という考えがあるためです。

つまり、初心者がYMYLジャンルを攻めていくのはリスクが高いということです。

 

こういったジャンルは、特定のジャンルにおいて専門知識がある方、またはそのジャンルにおいて権威性を示せる方は狙っても良いと思います。

ただし、執筆レベルも重要なので、全体的に引き上がってから狙うと良いでしょう。

 

また、特定のジャンルで誤った情報や表現をしてしまうと、アドセンスポリシー違反になってしまう可能性もあります。

リスクにつながる内容についてはもちろんですが、初心者の段階では規定に触れるようなジャンルを選択しないようにしましょう。

アドセンスポリシーに関してはこちらをご確認ください。

 

アドセンス広告で稼ぐために必要なことや対策は?

アドセンス広告で稼ぐために必要なことや対策は?

上記のYMYLジャンルを狙わないことのように、アドセンス広告で稼ぐために必要なことや対策についての参考をご紹介していきます。

アクセス(PV)と報酬単価(広告単価)にも注目

ブログサイトを運営した際は、発生するアクセス(PV)と報酬単価(広告単価)を定期的にチェックしましょう。

アドセンス広告は先ほども言いましたが、アクセス数に比例して報酬は上がってきます。

ブログサイトでアドセンス広告で稼ぎ続けたい場合は、ユーザーが興味のあるテーマを狙い、アクセスを担保するブログ作りを心がけましょう。

 

また、報酬単価(広告単価)も同様です。

あまり高いジャンルを狙った場合、YMYLの評価基準に該当してしまう場合があります。

たとえ、1クリック=20円といった安いCPC(クリック単価)でもアクセスを集めることができれば、大きく稼ぐことができます。

アクセス(PV)クリック率(CTR)CPC(クリック単価)収益
10,0001%20円2,000円

 

 

デイリー1万PVであれば、だいたい2千円

月間31万PVだとすると、安くても6.2万円の収益

さらにアクセスを集めて月間100万PVを達成すれば、安く見積もっても、20万円の収益となります。

 

アクセス(PV)クリック率(CTR)CPC(クリック単価)収益
1,000,0001%20円200,000円

また、年末年始、長期休暇などの期間は、世の中の需要が高まることで、広告主が広告費の予算を上げる傾向にあります。

そうなると、アドセンス広告のクリック単価も上がってきますので、トレンド性を意識したジャンルとは、特に相性が良いですね。

 

アクセスを大量流入させて、ブログパワーの底上げとアドセンスでの収益化も同時に行う手法が、ブログ初心者さんにとっておすすめですよ。

 

さらにアドセンス収益の目安や平均数値について具体的に知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

 

アドセンスブログで稼ぐためには「ブログの教科書」をチェック

アドセンスで稼げない原因について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

アドセンスで稼げない方は間違った知識や古いノウハウで実践している場合が多いです。

この記事を読んで、アドセンス広告での具体的なマネタイズ方法をもっと知りたい!と思う方は、プロに聞いてみるのがおすすめです。

 

とは言ってもコンサルを受けるというのはハードルが高いと思いますので、まずは僕が監修した「ブログの教科書」を無料で手に入れて、Googleアドセンスの基礎から学んでみませんか?

だてっちのブログの教科書

長期的にアドセンス広告で稼ぐために必要なノウハウや具体的な手順までを網羅しているのでおすすめです。

 

さらに、僕のメルマガやLINEに登録すると、人数限定ですがブログを無料添削してアドバイスさせていただいているので、あなたのブログの問題点を一緒に探すこともできます。

アドセンスで収益を上げるコツを知りたい!!と思う方はまず僕のブログの教科書を手に取ってみてくださいね!

 

メールアドレス(gmail推奨)を入力後、「ブログの教科書」を5秒後に受け取れます。

⇑ノウハウを限定無料プレゼント中⇑

アドセンス 稼げない 原因 ジャンル
最新情報をチェックしよう!

『ブログの教科書』付きメール講座

今直ぐはじめたいに答える!「動画+テキスト」で丁寧な解説できっかけがつかめた!好評の『ブログの教科書』付きで、0からはじめるための「結果が出る要素」を詰め込んでお届けします!

CTR IMG