WordPressのテーマ(テンプレート)おすすめ有料・無料15選!

ワードプレスのテーマはどれがいいですか?おすすめの有料・無料テーマや選び方も教えて下さい!
こんな質問にお答えします!
ブログやウェブサイトを本格的に始めて収益化をしようと思ったら検討したいのが、WordPressのテーマを導入するということ。
そのために各テーマの特徴を知って、あなたのブログやサイトに合ったものを選ぶことが大切です。
というわけで今回は、
  • 有料テーマと無料テーマのメリット・デメリット
  • テーマ選びのポイント
  • おすすめの有料・無料テーマ

など、ワードプレスのテーマ選びから設定するまでを丁寧にご紹介します。

「WordPressのテーマ選びの決め手が分からなかった!」「基礎設定を終わらせて早く記事を書いて収益化を目指したい!」そんなあなたは必見です。

目次

WordPressのテーマとは?

WordPressのテーマとはWordPressでつくられたサイト全体のテンプレートのことです。

テーマは複数のファイルの集合体で、テーマを利用することで

  • ウェブサイトやブログ全体のデザイン
  • 機能
  • 構成・レイアウト

などを簡単に変更することができます。

テーマを導入すべき理由は?

WordPressのテーマを利用するべき理由は、初心者でも本格的なブログやウェブサイトを簡単に作成できるからです。

だてっち
HTMLやCSSなどの専門知識がなくても大丈夫!

おしゃれで洗練されたデザインで、収益化しやすいブログやウェブサイトを作成できます。

 

もうひとつの大きなポイントが、SEO対策ができるということです。

Googleのジョン・ミューラー氏は、「ウェブサイトのテーマはSEOの評価に影響しますか?」という問いにこのように回答しています。

↓↓↓

答えはYES!優れたテーマを使うことで、検索エンジンにあなたのコンテンツをより理解してもらいやすくなります。

Googleの検索エンジンにコンテンツを理解してもらいやすくなる、つまりきちんと評価されやすくなるということ。

特にSEO対策が強いテーマには、Googleが評価する要素を簡単に組み込める機能がついているので、それをうまく使っていくことで上位表示も狙いやすくなるわけです。

だてっち
もちろん充実したコンテンツを投稿し続けることは大前提です!
このように読みやすいデザインや評価されやすいブログ・サイトを簡単につくることができるため、WordPressのテーマを導入することがおすすめです。

WordPressの有料テーマと無料テーマの違い

WordPressのテーマには「有料」と「無料」があります。

それぞれには次のような特徴があります。
だてっち
それぞれの特徴を掘り下げて解説します!

有料テーマのメリット・デメリット

有料テーマはデザインや機能が豊富であることが特徴のひとつです。

初心者でもカスタマイズしやすい仕様になっていて、SEO対策を強化したブログやサイトをつくることができます。

サポート体制も整っているので、何か不具合が起こったり設定方法が分からない時に心強いですね。

だてっち
SEO強化やアフィリエイト機能などが初期搭載してあるので、圧倒的に時間を節約できます!
もちろん機能性やサポートが充実している分、テーマを購入する費用がかかります。

あなたのブログ構築の目的や用途にあわせて、必要な機能と価格を検討してみるとよいでしょう。

無料テーマのメリット・デメリット

無料テーマの一番の特徴はやはり、導入コストが0円で気軽にテーマを試せるという点でしょう。

一方、有料テーマと比べるとデザインや機能・サポート体制が限定的です。

だてっち
カスタマイズしたい場合、専門の知識が必要になることも多く初心者にはハードルが高いかもしれません。

よくわからない状態でCSSなどを触るとサイト全体のデザインが崩れてしまったりすることもあるので注意が必要です。

ただし無料といえども基本機能は備わっていますので、「まずはブログがどんなものかみてみたい」という方にはおすすめですね。

WordPressテーマ選びでおさえておきたい6つのポイント

WordPressのテーマは備えている機能や特徴もテーマごとに違います。

あなたのテーマ選びを容易にするためにチェックすべきは、

  1. マニュアルがあり利用者も多い
  2. SEO対策が標準装備
  3. スマホレスポンシブ対応・日本語対応している
  4. 装飾やデザインが充実しているか
  5. ブログに役立つ機能が揃っている
  6. サポートが充実している

これらの6つのポイントです。それぞれ解説していきます。

マニュアルがあり利用者も多い

無料でも有料でもマニュアルが用意されているかまず確認しましょう。

テーマによって各種設定や使い方が違うためテーマ独自のマニュアルが必要です。

だてっち
後ほどご紹介するテーマはすべてマニュアル有りです!

さらに、

  • 設定の手順がうまくいかない
  • プラグインが稼働しない
  • アップデートしたらデザインが崩れた

など、Q&Aなどで不具合に対する解決策が提示してあると良いですね。

また、利用者が多いテーマであれば、マニュアルだけでカバーできない解説ブログや動画も参考にすることができます。

だてっち
人気のテーマだとカスタマイズや不具合の解決方法を紹介している記事もたくさん見つかります!

SEO対策が標準装備

SEO対策というのは、「ユーザーがGoogleで検索をしたときにあなたのブログやサイトが検索結果の上位に表示されるように対策を行うこと」です。

その対策のための機能を備わっているテーマを選ぶことで、ユーザーにとっても使い勝手がよくGoogleからも評価されやすいブログ・サイトをつくることができます。

SEO対策に強いテーマかどうかのポイントは…

  • ページの読み込みや表示スピードの最速化に対応している
  • メタディスクリプションが設定できる
  • タイトル・見出しタグを適切に記せる
  • パンくずリストの表示
  • サイトマップを自動生成してくれる

などがあります。

だてっち
SEO対策に強いのは有料テーマが多いですね。簡単なステップで設定できる機能が備わっています。

スマホレスポンシブ対応・日本語対応

レスポンシブ対応とは「PCとスマホの両方に対応したデザイン」のことで、PC・スマホ・タブレットのどれを利用しても見やすいようにデザインが最適化されています。

スマホだと文字が小さすぎて読みづらいサイトってありますね。
だてっち
そうですね!読者にとって使いにくいブログやサイトはGoogleから評価されにくいんです。
レスポンシブ対応しているテーマは、記事を書けばデバイスに合わせて自動的に表示を変更してくれるため特別な設定は必要ありません。
また、テーマには外国製もあり日本製とは違う感性のおしゃれなデザインをみつけることができます。
しかし海外製のテーマは英語解説がほとんど。マニュアルやサポートなど日本語対応しているかどうかの注意が必要です。

装飾やデザインが充実しているか

例えば、

  • 文字の装飾
  • 吹き出し
  • ボックス
  • 見出し
  • 箇条書きリスト

などの色や形・デザインの選択肢が多いほどブログのオリジナリティを出せます。

 

また、複数のテンプレートデザインが用意してあるので、あなたのブログで取り扱うテーマや目的に合わせたデザインを選べるものが良いですね。

だてっち
公式サイトで紹介されている使用例を参考にするとわかりやすいです。

ブログに役立つ機能が揃っている

例えば、

  • ブロックエディター対応
  • ウィジェット機能の充実
  • アフィリエイト記事用のランキング機能

などの機能がついているのもおすすめです。

ブロックエディタとは、2018年12月WordPress5.0から標準搭載されたエディタ(記事の作成画面)のことです。

旧クラシックエディタが利用できるテーマもありますが、サポートなど完全移行予定ですので「ブロックエディター対応」しているものを選びましょう。

ランキング機能がついていれば、商品を比較して紹介できる記事も簡単に作成できます。

だてっち
商品比較は成約が取れやすいので商標記事を書くなら取り入れたい機能ですね。

このように、作成する側にも使いやすくユーザーにとっても読みやすい記事をつくれる機能が充実しているテーマがおすすめです。

サポートが充実している

プラグインやアップデートによる不具合・機能がうまく使えないなどの問題が起こった際に、個別で対応してもらえるかどうかは大きいですね。

専用フォーラムでの質問やメールのサポートなど、テーマごとにサポートの内容が違いますので確認しておきましょう。

だてっち
有料テーマの方がサポート体制は充実していますね。

WordPressの有料テーマ比較一覧表

上記のポイントを踏まえて、10の有料テーマを比較してみました!

どのテーマもブログやアフィリエイトに必要な基本的な機能は十分に備わっています。その中で強みであり、口コミなどで評価されているポイントを◎で示しています。

WordPressワードプレスのおすすめ有料テーマ比較表

※個人の見解で評価しています。ご了承ください。

WordPressのおすすめ有料テーマ10選

では、それぞれのテーマの特徴を詳しく解説します!

賢威 (けんい)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめは賢威(けんい)

引用元:賢威公式サイト

賢威(けんい)の概要
テーマ名賢威
価格24,800円(税込)
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインシンプル、きれいめ
機能性
サポート体制
複数サイト利用可能
おすすめタイプブログ、アフィリエイト、コーポレートサイト

27,000人以上のユーザーがいる賢威(けんい)。

SEOコンサルタントの松尾が代表を務める京都のWebマーケティングチーム「ウェブライダー」が開発しています。

徹底した内的SEOとコンテンツプランニングによる外的SEOによって数多くのサイトを上位表示させている実績があり、もちろんこの賢威にも充実したSEO対策機能が搭載されています。

ユーザー専用のサポートフォーラムやマニュアルも多数用意されており、サポートサイトも充実しています。

だてっち
口コミでもサポートに満足している声が多いですね!

>>賢威の公式サイトはこちら

AFFINGER6(アフィンガー)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはAFFINGER6(アフィンガー6)

 

引用元:AFFINGER公式サイト

AFFINGER6(アフィンガー)の概要
テーマ名AFFINGER6
価格14,800円(税込)
SEO対策
レスポンシブ対応
デザイン洗練、すっきり、かっこいい
機能性
サポート体制
複数サイト利用可能
おすすめタイプブログ、アフィリエイト、コーポレートサイト

多機能な有料テーマの中でも人気の高いAffinger6。

集客や収益化をサポートする機能が充実しているので、本格的にサイトでアフィリエイトをしたい方向けです。

だてっち
口コミには、アフィンガーに変えてPV数・速度・セッションが倍以上になった!という声も結構ありました。

12のカラーパターン、5つのデザインパターンが用意され、計60パターンのデザインがクリックするだけで設定できるのも魅力のひとつですね。

特に装飾にかける時間と手間が省けるのでデザインが苦手な方にもおすすめです。

THE THORと同じように機能が豊富に用意されているため、ブログ初心者の方はちょっと戸惑うかもしれません。

こちらも基本機能から初めて、少しずつ便利な機能を取り入れていきましょう。

マニュアルはユーザー専用サイトで閲覧できます。

>> AFFINGERの公式サイトはこちら

SANGO(サンゴ)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはSANGO(サンゴ)

引用元:SANGO公式サイト

SANGO(サンゴ)の概要
テーマ名SANGO
価格11,000円(税込)
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインポップ、かわいい、シンプル
機能性
サポート体制
複数サイト利用可能
おすすめタイプブログ

有名Webメディアの「サルワカ」氏が開発したテーマで、開設1年で月間200万PVを達成したノウハウがぎゅっと詰まっています。

SANGOの特徴はなんといってもその独特なシンプルでポップなデザインです。

だてっち
シンプルで直観的に操作もできるし、SANGO独特の世界観が好きな人にはおすすめですね。

全体の着せ替えができるテンプレートのデザインは1つだけです。その代わり、パーツ(見出し、ボタン、箇条書きなど)はそれぞれ30以上のデザインから選ぶことができます。

収益記事用の機能は他のテーマに比べると少なめの印象ですが、サイトの高速化のための機能が搭載され基本的なSEO対策は実施済みです。

マニュアルは一般公開サイトで閲覧可能、ユーザー専用のフォーラムで質問や不具合報告ができます。

>> SANGOの公式サイトはこちら

THE THOR(ザ・トール)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはTHE THOR(ザ・トール)

引用元:THE THOR公式サイト

THE THOR(ザ・トール)の概要
テーマ名THE THOR(ザ・トール)
価格16,280円(税込)
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインおしゃれ、かっこいい
機能性
サポート体制
複数サイト利用可能
おすすめタイプブログ、アフィリエイト

SEOコンサルタントが開発したTHE THOR。

秀でたSEO対策、おしゃれで洗練されたデザイン、集客・収益向上のための機能」と、サイト運営に必要な機能が満載のテーマです。

だてっち
サイトの高速表示に強いというのも特徴ですね。

THE THORでは、定番のプラグイン(ALL In One SEO Packや Contact form7など)がほとんど必要ないのもポイントですね。

プラグインが少ないことでサイト表示の速度を上げられる上に、プラグインの不具合でサイト表示がおかしくなることも避けられます。

「機能が充実している分、初心者は戸惑うかも…」と声も見かけますが、そんなときはマニュアルサイトやフォーラムを利用して、基礎的な機能から使っていくのがオススメです。

>> THE THORの公式サイトはこちら

JIN(ジン)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはJIN(ジン)

引用元:JIN公式サイト

JIIN(ジン)の概要
テーマ名JIN
価格14,800円(税込)
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインおしゃれ、シンプル
機能性
サポート体制
複数サイト利用可能
おすすめタイプブログ、アフィリエイト

アフィリエイター「ひつじ」氏とATLAS開発者の赤石カズヤ氏の協力のもと開発されたテーマ。

アフィリエイトの収益を上げるための機能が充実していて、JINのテーマを使って「インプレッション数・クリック率が高くなる」という声もありました。

だてっち
デザインもすっきりしていて、記事装飾も豊富なので、見やすくおしゃれなデザインも人気です。

マニュアルは一般公開の公式サイトで閲覧可能で、初心者にもとてもわかりやすい解説です。

>> JINの公式サイトはこちら

STORK19(ストーク)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはSTORK19(ストーク)

引用元:STORK19公式サイト

STORK19(ストーク19)の概要
テーマ名STORK19
価格11,000円(税込)
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインきれいめ、シンプル、おしゃれ
機能性
サポート体制
複数サイト利用不可
おすすめタイプブログ、アフィリエイト

STORK19は、人気ブロガーのJUNICHIさんとOPENCAGEが共同で作り上げたWordPressテーマ。

「多機能は使いこなすことが難しいので、機能は増やしすぎない」というスタンスのもと、ブログやアフィリエイト、アドセンス広告に効果的な基本機能が搭載されています。

だてっち
設定系が苦手な方、設定には時間をかけずに記事作成に集中したい方におすすめですね。
STORK19はテーマを導入後に手を入れる必要がほとんどなく記事装飾やデザインなど直観的に作業できるので、誰が使っても美しいデザインがつくれるような仕様になっています。
「初心者でも使いやすい!」という口コミも多いテーマです。
マニュアルは一般公開サイトで、メールサポートも無料で利用できます。
※複数サイトでの利用不可。1つのブログ・サイトをしっかり育てたい方向けです。

SWELL(スウェル)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはSWELL(スウェル)

引用元:SWELL公式サイト

SWELL(スウェル)の概要
テーマ名SWELL
価格17,600円(税込)
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインおしゃれ、美しい、シンプル
機能性
サポート体制
複数サイト利用可能
おすすめタイプブログ、アフィリエイト、ホームページ

・ストレスの少ない快適な使い心地
・思い通りのコンテンツが簡単に作れる楽しさ

と公式サイトでも謳ってあるように、機能の使いやすさに定評のあるSWELL。

ブロックエディタに完全対応、SWELL専用の独自機能も搭載など、直感的で視覚的な操作ができます。

だてっち
ワードプレス初心者の「記事を書くのに時間がかかる」ストレスを大幅に軽減してくれますね。

マニュアルは一般サイトで公開、ユーザー向けのフォーラムが利用できます。

すっきりとした美しいデザインもSWELLの魅力。

デモサイトやSWELLを利用したブログやサイトも紹介されているので、購入前にイメージしやすいのも嬉しいところです。

>> SWELLの公式サイトはこちら

DIVER(ダイバー)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはDIVER(ダイバー)

引用元:DIVER公式サイト

DIVER(ダイバー)の概要
テーマ名DIVER
価格17,980円
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインきれい、洗礼された、シンプル
機能性
サポート体制
複数サイト利用可能
おすすめタイプアフィリエイト、ブログ、ホームページ

Web業界で培った技術と知識、数々の実践に基づいたノウハウがつまったテーマ。

ユーザーからのフィードバックも反映し、高機能でアフィリエイトに最適化されたデザインが人気です。

独自の「入力補助」機能を利用すれば、記事の装飾やレイアウトを視覚的に確認できてボタンで簡単に設置することができます。

だてっち
多機能ながら初心者でも楽に操作できるので、記事作成もスムーズです!
購入者本人の運営するもであれば複数サイトでの利用も可能。
無期限・無制限でメールでの無料サポートが受けられるのは心強いですね。
価格は他のテーマよりも高いですが、複数サイトでの高い収益を狙うならコスパ高ではないでしょうか。

Emanon Pro(エマノン プロ)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはEmanon Pro(エマノンプロ)

引用元:EMANON PRO 公式サイト

Emanon Pro(エマノン プロ)の概要
テーマ名Emanon Pro
価格9,800円(税込)
SEO対策
レスポンシブ対応
デザイン洗練された、シンプル
機能性
サポート体制
複数サイト利用可能
おすすめタイプビジネスブログ(コーポレートサイト、個人のオウンドメディア)

ビジネスブログと謳っているように、コンテンツマーケティングで集客したい方におすすめのテーマ。

Webサイト訪問者にアクションを促す4種類のCTA設置、資料請求用ページ、LP用のテンプレートなど、リスト獲得のための機能を実装しています。

ブロックエディタは別売のプラグインで対応しています。

だてっち
EmanonにはBusiness, Premiumのより多機能なテーマもあり、Proよりビジネス向けに特化したデザインと機能が搭載されています。気になる方は公式サイトでデモページを確認してみてください。

>> Emanon Proの公式サイトはこちら

TCD MAG(ティーシーディー マグ)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはTCD MAG(ティーシーディのマグ)

引用元:TCD公式サイト

TCD MAG(ティーシーディー マグ)の概要
テーマ名TCD MAG
価格10,980円(税込)
SEO対策
レスポンシブ対応
デザイン無駄がない、すっきり
機能性
サポート体制
複数サイト利用可能
おすすめタイプブログ、アフィリエイトサイト

様々な用途に対応したテーマを提供しているTCD。そのなかでもブログに特化した機能を備えているのがMAGです。

本格的な収益化を目指すブロガーやアフィリエイターが必要とする機能を搭載しています。

回遊率を高めるための機能、デザインも1pxのレベルまで徹底してこだわり作られています。

デザインの色変更など簡単クリックで対応できるのも嬉しいところですね。

だてっち
アート系の情報発信、美容サロンや飲食店など発信したい内容・スタイルに合ったテーマが選べるのがTCDの特徴です。

設定のための図解マニュアルがあり、Eメールでサポートを対応しています。(※プラグイン導入による不具合に関しては対応していません)

>> TCD MAGの公式サイトはこちら

WordPressのおすすめ無料テーマ5選

無料テーマでおすすめはこちらです。

  • Cocoon(コクーン)
  • Luxeritas(ルクセリタス)
  • Lightning(ライトニング)
  • Xeory Base / Extension(セオリー ベース / エクステンション)
  • LION BLOG / MEDIA(ライオン ブログ / メディア)

ひとつずつポイントを解説します!

Cocoon(コクーン)

WordPress(ワードプレス)人気の無料テーマはCocoon(コクーン)

引用元:Cocoon公式サイト

Cocoon(コクーン)の概要
テーマ名Cocoon
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインシンプル、ジャンルを問わず
機能性
サポート体制
おすすめタイプブログ、アフィリエイトサイト

無料テーマの中でも特に人気が高いテーマのCocoon。

多機能・サイトの高速表示・自由度の高いカスタマイズが特徴です。

サイトの外観デザインは100ほどありワンクリックで簡単に切り替え可能です。

Amazonや楽天市場などの商品リンク・Googleアドセンスも簡単に挿入可能で、さらにランキング機能も搭載されているので商品紹介記事も書きやすいですね。

マニュアルサイトは初心者でもわかりやすい解説でフォーラムでユーザーや開発者とのやりとりができます。

システムの更新も頻繁に実施されているのもポイント高いです。

だてっち
無料とは思えないほど機能が充実していますよ!

>> Cocoonの公式サイトはこちら

Luxeritas(ルクセリタス)

WordPress(ワードプレス)人気の無料テーマはLuxeritas(ルクセリタス)

引用元:Luxeritas 公式サイト

Luxeritas(ルクセリタス)の概要
テーマ名Luxeritas
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインシンプル
機能性
サポート体制
おすすめタイプブログ

Cocoonと並んで無料テーマで人気が高いのがLuxeritasです。

サイト表示の高速表示と多機能に優れたテーマです。

だてっち
機能が多く搭載されているのでプラグインを余計に追加する必要がありません

デザインは基本的にシンプルですが色やレイアウトなどカスタマイズの自由度が高いので、あなたの好みのブログをつくることができるでしょう。

メールでの問い合わせは受け付けていませんが、公式サイトでカテゴリー別のマニュアルが利用できます。

>> Luxeritasの公式サイトはこちら

Lightning(ライトニング)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはlightning(ライトニング)

引用元:Lightning公式サイト

Lightning(ライトニング)の概要
テーマ名 Lightning
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインシンプル
機能性
サポート体制
おすすめタイプコーポレートサイト、ブログ

「いかに最短でサイト制作が出来るか」という点に重きをおいて開発されたテーマ。

WordPress公式テーマなので簡単にインストールができます。

開発会社が提供する無料の拡張機能プラグインと連携することで多様な機能を利用することができます。

シンプルできれいめなデザインのサイトがつくれるので、ビジネス向け&すっきりしたデザインを好む方におすすめです。

だてっち
物足りなく感じたら有料版のLightning Proも利用できます!

xeory Base / Extension(セオリー ベース/エクステンション)

WordPress(ワードプレス)有料テーマのおすすめはXeory Base/Extension(セオリー ベース/エクステンション)

引用元:Xeory公式サイト

Xeory(セオリー)の概要
テーマ名Xeory
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインシンプル
機能性
サポート体制
おすすめタイプブログ、コーポレートサイト

Webマーケティングの情報を発信しているバズ部が開発した無料テーマ。

同社のノウハウが詰め込まれ、Googleのガイドラインに沿った内部構造でSEO対策も講じてあります。

「Base」と「Extension」という2つのテーマが用意されており、

・Base → コンテンツマーケティング用のブログテーマ
・Extension → 企業サイト + コンテンツマーケテイング用のサイト型テーマ

あなたのコンテンツに合わせて選べます。

SNSとの連携、CTAやランディングページも設置できるなど、ウェブマーケテイングに欠かせない機能も簡単に設置できます。

だてっち
Webマーケティング情報発信元のテーマなので信頼度も高いですね。

>> Xeoryの公式サイトはこちら

LION BLOG/MEDIA(ライオン ブログ/メディア)

引用元:LION公式サイト

LION(ライオン)の概要
テーマ名LION
SEO対策
レスポンシブ対応
デザインシンプル、洗練された
機能性
サポート体制
おすすめタイプブログ、コーポレートサイト

Web制作会社のFITが開発したテーマ。FITはご紹介した有料テーマ「THE THOR」の開発会社でもあります。

デザイン性に優れており、すっきりとした洗練されたサイトをつくることができます。

エディタ補助機能や文字装飾、ウィジェットも豊富に用意されているのでカスタマイズ性も高いですね。

テーマは2つ用意されていて

・BLOG:ブログ向け
・MEDIA:企業向け

から選ぶことができます。

だてっち
雰囲気としては大きな違いはないので公式サイトのデモ画面で確認すると良いでしょう。
一点注意したいのが、バージョンの最終更新が2018年2月であるということ。人気のテーマなのでご紹介していますが、気になるようであれば更新頻度の高いCocoonが安心かもしれません。

WordPressテーマ(テンプレート)変更方法

テーマを決めたら、ワードプレスに設定していきましょう!

手順はこちらです。

  1. 希望のテーマをダウンロードしておく
  2. ダッシュボードのテーマ画面を開く
  3. 「新規追加」をクリック
  4. テーマを追加する
  5. テーマを有効化して完了

手順① 希望のテーマをダウンロード

新しく導入したいテーマの公式サイトで、テーマをパソコンにダウンロードする。

手順② テーマ画面を開く

WordPress テンプレート テーマ おすすめ

WordPressのダッシュボードにログイン→ 【外観】→【テーマ】をクリックします。

手順③「新規追加」をクリック

WordPress テンプレート テーマ おすすめ

現在インストールされているテンプレートが表示される画面に移りますので、【新規追加】をクリックし次に進んで下さい。

手順④ テーマを追加する

WordPress テンプレート テーマ おすすめ

『テーマを追加』の画面で【テーマのアップロード】をクリック→【ファイルを選択】で、あらかじめダウンロードしておいたテーマのデータを選んでください。

だてっち

ファイル形式は「ZIP」でないとインストールできません。ZIPじゃない場合は「ZIP形式へ圧縮」すればOKです!

手順⑤ テーマを有効化する

ワードプレステーマの有効化

正常にインストールが完了したら、テーマのページ(「外観」→「テーマ」)に上のようなテーマの画像が表示されます。

カーソルを合わせるとボタンが表示されますので、【有効化】をクリックして完了です。

WordPressのテーマ(テンプレート)のおすすめ有料・無料テーマ15選のまとめ!

今回は有料・無料のおすすめテーマとそれぞれの特徴、選び方のポイントをお伝えしました。

  • SEO対策・カスタマイズ性の高さ・サポート体制が充実しているので時間の節約になる →有料テーマ
  • コスト0円で気軽に始められる・ブログの基本機能は備わっている → 無料テーマ

有料テーマの前にまず触ってみたいということであれば無料テーマでも良いでしょう。

ただし収益化を考えているのであれば有料テーマを検討してみましょう。SEO強化やアフィリエイトに必要な機能が初期搭載されているので簡単に設定できて時間の節約につながります。

ブログの目的や用途にあわせて選んでみて下さい。

WordPress(ワードプレス)有料無料おすすめテーマ
最新情報をチェックしよう!

『ブログの教科書』付きメール講座

今直ぐはじめたいに答える!「動画+テキスト」で丁寧な解説できっかけがつかめた!好評の『ブログの教科書』付きで、0からはじめるための「結果が出る要素」を詰め込んでお届けします!

CTR IMG