Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

老後に必要なお金は夫婦借家でいくら?賃貸の目安と持ち家の違い

老後に必要なお金 夫婦借家

借家で暮らす夫婦が老後に必要なお金は幾らか?についてご紹介していきます。

 

景気が微妙で年金も信頼できない昨今、老後に備えた貯蓄に励む人が増えています。

 

しかしただ漫然と貯蓄しているのではいけません。

 

『老後に必要なお金は果たしていくらなのか?』を確認し、その額を目指して、計画的に貯蓄を進める必要があります。

 

ここでは夫婦で借家に暮らした場合の老後予算について確認してみましょう。

 

平均的な数値について知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

>>老後貯蓄の平均・中央値は夫婦でいくら?

【老後に必要なお金】夫婦で借家に暮らすなら

老後に必要なお金の目安って?

 

一般に、老後に必要なお金は、

  • 2500万円前後

だと言われており、内訳のほとんどは生活費です。


この時点でかなりの額ですよね…。今から直して間に合う方は果たしてどれくらいいるのでしょうか?ほとんどが生活費ということですので、娯楽や家族との時間なんて一切ない状況ですよ。

ただし、この数値は以下の条件を満たす家庭で必要だとされる金額です。

  • 持ち家である
  • 夫婦が95歳までまずまず健康に暮らす
  • 夫婦が揃って年金を受給しており、猶且つどちらかが厚生年金を受給している

よって賃料によっては金額が変動しますし、夫婦のどちらかが病気になる、介護を受けるようになっても同様です。

 

(ちなみに介護料金は月あたり8万円掛かるとされています)

 

【老後生活】月々掛かるお金

 

2500万円の内訳はほとんど生活費だ、と書きました。

 

では老後、月々に掛かるお金は幾らぐらいなのでしょうか?

 

むろん千差万別ですからコレという数字は存在しませんが、平均としては25万円前後だとされています。

 

厚生年金加入者であれば夫婦で月20万円ほどの年金収入がありますから、足りない5万円を2500万円から月々崩す・・・という形になります。


厚生年金でなく国民年金のみ、という方であれば2500万円では済まないことになりますね。倍近く貯める必要があるかもしれません。ちなみに、夫婦で国民年金を受給した場合、その総額は13~4万円程度になります。

賃貸で暮らすとすれば

 

たとえば60歳から95歳までの420ヶ月を家賃7万円で生活した場合、出てくる数字は2940万円です。

 

先の2500万円と足せば5440万円、並のサラリーマンでは貯められそうもありません。

 

ただし、この数値はあくまでも老後の月々に必要な金額(25万円)に賃料を上乗せした数字、です。

 

  • 生活を小規模なものに改める
  • 家計の無駄を探して切り詰める

 

などすれば、7万円とはいかずとも4~5万円を捻出することは出来るでしょう。

 

それぐらいのアパート、マンションであれば2人で暮らすには無理が出ないでしょう。

 

資産運用もあり?

 

貯蓄が2500万円あるならば・・・

 

資産運用をするという手もあります。

 

たとえば2500万円を年3%で運用できれば年70万円前後の収入になり、1年分の家賃を払うことが出来るようになります。

 

生活のレベルにもよりますが、貯蓄を運用することによって家賃を払う、というのも手かもしれません。

 


ただし運用にはリスクもありますし、運用にお金を投入してしまうと、万が一のときにお金を降ろせないリスクもあります。自らの資産を増やすのであれば、低リスクで始めることができる投資や自分のビジネスを持つことの方がよっぽど確率が高いです。ちなみに、僕が今やっているビジネスの1つは0円からリスク0で始めたものです。それで毎月200万円以上が口座に振り込まれています。

老後に必要なお金・夫婦借家 まとめ

『夫婦で借家に暮らす場合、老後に必要なお金は幾らなのか?』について見てきました。

 

記事内容をずばり纏めると、

  • 老後に必要なお金は月25万円だとされる
  • 厚生年金に加入している夫婦が月に受け取る年金は20万円程度
  • よって月々5万円を貯蓄から崩すことになる
  • 持ち家だとしても、95歳まで暮らすのには2500万円必要
  • これらの金額単純に賃料(420ヶ月分)を上乗せすれば5000万円を超える
  • ただし、生活の質を抑える、無駄を切り詰める、などすれば貯蓄2500万円でも問題なし
  • なおパートナーが介護を受ける、大病をする・・・などがあれば2500万円では追いつかない可能性もある

 

ということになります。

 

とりあえずの貯蓄目標は2500万円、最低でも2000万円程度・・・と思っていればいいでしょう。

毎月の収入を自力で増やす方法をメールマガジンで公開中!

https://datetti.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

老後資金 貯め方 30代 20代

老後資金の貯め方30代・20代は?準備・作り方7のコツ

老後一人暮らしの生活費で女性はいくら貯金しておくべき?平均・内訳を公開

老後一人暮らしの生活費で女性はいくら貯金しておくべき?平均・内訳を公開

老後に必要なお金 内訳 計算 最低生活費

老後に必要なお金の内訳は?最低生活費を計算してみた

老後破綻とは 原因 対策

老後破綻とは?原因・対策10の心得!防ぐ方法はある?

老後の生活費 持ち家 平均 ゆとり

老後の生活費は持ち家で平均いくら?ゆとりある内訳を公開!

老後の蓄え 50代 方法 いつから

老後の蓄え50代の方法は?いつからどのようにいくら必要かシミュレーションするべき