老後に必要なお金は独身女性・男性でいくら?資金対策はどうする!?

老後に必要なお金 独身 女性 男性

独身男性・女性が老後に必要なお金はいくらか?について見ていきましょう。

 

近年では老後を独身で過ごす男性・女性が増えています。

 

それも人それぞれの生き方で素晴らしいことですが、1人だと不安なこともあります。

 

そう、お金の心配ですね。

 

景気がこれだけ不安定で年金の支払いすら不安視される近日、1人の力でどこまで暮らしていけるか・・・

 

少しでも不安を減らすため誰もが老後貯蓄を作ることになるかと思いますが、ではどれぐらい貯めれば良いでしょうか?

 

ここではその参考になるよう、

  • 独身男性・女性が老後に必要なお金はいくらか?

を具体的に見ていきたいと思います。

独身者が老後に必要なお金について

男女で差を分ける必要性と諸々の注意

 

さて、ここでは、

  • 独身男性・女性が老後に必要とするお金

について見ていきたいと思いますが・・・


なぜ男女で数値を分ける必要があるのでしょうか?

ずばり言って寿命の関係です。

 

男女の寿命には差があり、それは具体的に次のようになっています。

  • 男性81歳
  • 女性87歳

いわゆる老後は65歳からだ、とされており、また老後に必要なお金のほとんどは生活費ですから、『何歳ぐらいまで生きるか』で老後に必要な額が変わってくるのですね。

 

むろん、この年齢は平均値に過ぎません。

 

95歳まで生きる人も居ますし、100歳を超えて元気な人もまま居ます。

 

また次の項で持ち出す『月々に必要な生活費』も平均値です。

 

自分が何歳まで生きるかは誰にもわかりませんが、自分の生活費が平均値と比べて高いか低いかは予想がつくはずです。

 

大事なことは統計上の平均値に惑わされず、『自分の生活水準や趣味なら幾らぐらい必要か』を計算して貯めることです。

 

よってこれから紹介する各種の数字を鵜呑みにしてはいけません。

 

平均値を参考に自分の必要学を試算しましょう。

 

独身男性が老後に必要なお金はいくら?

 

独身者の生活費の平均は月辺り16万円だとされています。

 

一応、この16万円の内訳について確認しておきましょう。

項目 平均的な生活費
食料 40,050円
住居 20,148円
光熱・水道 11,088円
家具・家事用品 5,316円
被服及び履物 5,293円
保健医療 6,632円
交通・通信 18,712円
教育 10円
教養娯楽 19,395円
その他の消費支出 32,109円
老後の生活費合計 158,753円

65歳から81歳まで生きるなら192ヶ月分が必要ですから、

  • 16×192=3072万円

が必要な生活費の総額となります。

 

むろんこの額をそのまま貯金せねばならない、というわけではありません。

 

この額から年金収入を引いた額が貯蓄するべき額となります。

 

たとえば国民年金の支給額平均は5.5万円ですから、

  • 5.5×192=1056万円

を3072万円から引くことができ、貯蓄するべき額は2016万円になります。


積み立てていた金額にもよりますが・・・

厚生年金も受給出来るなら、生活費を年金収入だけで賄うことも出来るかもしれません。

独身女性が老後に必要なお金はいくら?

 

さて同様に1月辺りの生活費が16万円とすれば・・・

 

65歳から87歳までは22年間264ヶ月なので、

  • 12×264=3168万円

となります。

 

やはり同様にこの額から年金収入を引いた額が貯蓄するべき額となります。

 

たとえば国民年金の支給額平均は5.5万円ですから、

  • 5.5×192=1056万円

を3168万円から引けば2112万円が貯蓄すべき額となりますね。

 

【ただし】もし病気や介護が必要になると・・・

 

先程も書いたように、この金額は、

  • 平均的生活費で平均寿命まで健康に過ごしたときの額

に過ぎません。

 

趣味や生活習慣、水準によっては必要な生活費が変わってくるので、額が大きく前後します。

 

またこの金額は健康に生きることが前提です。

 

もし病気になれば治療費は(幾ら負担額が少ないとはいえ)馬鹿になりませんし、介護が必要になれば月8万円必要だ、とされています。

 

この辺り、独身だとパートナーや子供を頼ることが出来ませんので、貯金額をやや多めにして備えるほかありません。

 

そういう意味でも、

  • 自分なら幾らぐらい必要だろう?

を考えておくことは重要です。

【独身男性&女性が老後に必要なお金】まとめ

 

今回は、

  • 独身男性・女性が老後に必要なお金はいくらか?

について見てきました。

 

記事の内容をずばり纏めると、

  • 老後に必要なお金のほとんどは生活費
  • 独身男性ならおおよそ2000万円
  • 女性なら2100万円
  • の貯蓄が必要だが、これはあくまでも平均値
  • 長生きすればもっと必要だし、病気や介護が必要になっても同様
  • また趣味や老後の楽しみによっても大きく前後する
  • 大事なのは平均値を参考に『自分が必要とする生活費はいくらか?』を考えておくこと
  • それに基づいた貯蓄計画を早いうちから立てよう

ということになります。


2000万円は莫大な金額ですが、少しずつ貯めていけば貯められないこともありません。

月の生活費の平均16万円は、人によっては厚生年金と国民年金で賄えるでしょうし、余り神経質になり過ぎず、自分にとって必要な額を求めましょう。

3児のパパが毎月の収入を自力で増やした方法をメールマガジンで公開中!

  • ご登録後のご返信で限定プレゼントをお届けしていきます。
  • お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守いたします。
  • いつでもメール内の解除リンクから解除できます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

老後 貯蓄 目安 必要額 方法

老後貯蓄の目安・必要額は?貯める方法と3つのコツ

老後に必要なお金は共働きでいくら?厚生年金で賄えるのか

老後破綻とは 原因 対策

老後破綻とは?原因・対策10の心得!防ぐ方法はある?

老後 貯蓄 平均 中央値 夫婦

老後貯蓄の平均・中央値は夫婦でいくら?恐ろしすぎる金額の現実とは

老後の生活費 持ち家 平均 ゆとり

老後の生活費は持ち家で平均いくら?ゆとりある内訳を公開!

老後の生活費 一人暮らし 平均 ゆとり

老後の生活費は一人暮らしで平均いくら?ゆとりや楽しみはできるのか