老後の生活費は持ち家で平均いくら?ゆとりある内訳を公開!

老後の生活費 持ち家 平均 ゆとり

持ち家である場合の老後の生活費について、平均額とゆとりを持った生活を送れる金額についてまとめてみました。

 

これだけ景気が不安定で、年金制度もガタついてきている昨今、『老後の生活費をどれだ貯蓄できるか?』は重要な課題です。

 

しかし、そもそも『老後にどれだけの生活費が必要か』が解らなければ、貯蓄を行うことは出来ません。

 

そこで今回は、

  • 老後の生活費の平均はいくらか?
  • ゆとりを持った老後を送るのに必要な生活費はいくらか?

を、持ち家であることを前提に、独り暮らしと夫婦の場合でそれぞれ確認して行きましょう。

【老後の生活費】平均額は?

【夫婦で持ち家の場合】平均的な老後の生活費は26万円

 

総務省統計局の家計調査(平成28年度)によると、平均的な老後生活費は28万円ということになります。

 

まずはその内訳を確認してみましょう。

項目 平均的な生活費
食料 75,244円
住居 16,330円
光熱・水道 21,901円
家具・家事用品 10,802円
被服及び履物 9,754円
保健医療 14,936円
交通・通信 36,399円
教育 1,469円
教養娯楽 27,508円
その他の消費支出 62,940円
老後の生活費合計 277,283円

 


あれ?

住居費が16300円?

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

これはこのアンケートに参加した人が持ち家である・ないを問われなかった為です。

 

持ち家である人は当然、賃料を払う必要がありませんから、27万7000円から1万6000円を引いて、26万1000円が平均的生活費ということになります。

 

【独身で持ち家の場合】平均的な老後生の生活費は14万円

 

同様に総務省統計局の家計調査(平成28年度)によると、独身世帯の、老後の生活費の平均額は16万円ということになっています。

 

これも内訳を確認してみましょう。

項目 平均的な生活費
食料 40,050円
住居 20,148円
光熱・水道 11,088円
家具・家事用品 5,316円
被服及び履物 5,293円
保健医療 6,632円
交通・通信 18,712円
教育 10円
教養娯楽 19,395円
その他の消費支出 32,109円
老後の生活費合計 158,753円

 

このアンケートも、回答者が持ち家である・ないを問わずに行われた為、住居費が2万円ほど掛かっています。

 

よって持ち家であれば上記の図から2万円を差っ引いた13万8000円が平均的な生活費、ということになるでしょう。


国民年金の支給額平均が5万5000円ですから・・・

夫婦で持ち家なら平均額にはあと3万円ちょっと。厚生年金や確定拠出型年金があれば何とかなりそうですね。

【老後の生活費】ゆとりある生活を送るためには?

【夫婦で持ち家の場合】約34万円

 

生命保険文化センターの、『生活保障に関する調査(平成28年度)』によれば・・・

 

二人暮らしの夫婦がゆとりある生活を送るのに必要な金額は月々35万円だとされています。

 

この内訳は次のようになっています。

項目 ゆとりある生活費
食料 90,000円
住居 17,000円
光熱・水道 22,000円
家具・家事用品 10,000円
被服及び履物 20,000円
保健医療 15,000円
交通・通信 40,000円
教育 0円
教養娯楽 50,000円
その他の消費支出 90,000円
老後の生活費合計 354,000円

 

ここでもやはり住居費が17000円ありますから、持ち家であればこれを差っ引いて、33万7000円(約34万円)がゆとりある生活を送るための金額になります。


34万円!

結構な金額ですね。夫婦二人で満額の国民年金、それと20年掛けた厚生年金を(支払っていた金額にもよりますが)受け取っても、まだちょっと足りないかもしれません。早いうちからの貯蓄が重要ですね。

【独身で持ち家の場合】約16万円

 

実のところ、独身世帯がゆとりを持って生活できる金額についての明確なデータはありません。

 

そこで極めて単純ですが、夫婦がゆとりを持って生活できる金額を2で割ってみましょう。

 

すると金額は約18万円、その内訳は次のようになります。

項目 ゆとりあるの生活費
食料 45,000円
住居 20,000円
光熱・水道 15,000円
家具・家事用品 5,000円
被服及び履物 5,000円
保健医療 5,000円
交通・通信 19,000円
教育 0円
教養娯楽 30,000円
その他の消費支出 33,000円
老後の生活費合計 177,000円

 

もちろんここから住居費2万円を引きますので、独身で持ち家の世帯がゆとりある生活を送るには月々15万7000円が必要だ・・・ということになります。

 

老後の生活費の落とし穴

リフォーム費用に注意!

 

持ち家には色々なメリット、たとえば住居費が掛からないなどがありますが、一方でデメリットもあります。

 

代表的なものがリフォーム費用、ですね。

 

たとえば子供が生まれるのに合わせて30代・40代で購入した家は、65歳になるころには多少なりとも傷み始めているはずです。

 

そのリフォーム代金は、もちろん傷み具合にもよりますが、最大で2~300万円にも達します。

 

老後の生活費を貯めるときはこの費用も別に貯めておくと良いでしょう。

 

【老後の生活費】平均値とゆとりある生活費のまとめ

今回は、

  • 老後の生活費の平均はいくらか?
  • ゆとりある生活費は幾らになるのか?

を、持ち家であることを前提に確認して来ました。

 

ざっくり言って、

  • 独身世帯の平均は14万円
  • 夫婦世帯の平均は26万円
  • 独身世帯でゆとりある生活費は16万円
  • 夫婦世帯のゆとりある生活費は34万円

となります。

 

たとえば65歳で退職して90歳まで生きる夫婦が居たとすれば、26×300で合計7800万円掛かってきます。

 

貯蓄目標額を定めるには、この7800万円のうち年金収入と退職金などで幾ら相殺できるか、を求めましょう。

 

たとえば退職金が1000万円、年金が月々15万円であれば、1000+15×300で5500万円となり、貯蓄すべき金額は2300万円とわかります。

 

ただし、平均値はあくまでもデータ、『ゆとりある生活』は個人の生活習慣・趣味・感性によってその内容が大きく異なります。

 

ここで出した金額はあくまでも目安として、『自分ならどれぐらい必要だろう?』を大雑把にでも計算してみましょう。

 

もしかするとここで出した金額よりもっと多く貯めねばならないかもしれませんし、もっと少なくても良いかもしれません。

 

大事なのは他人の数字を気にすることや、『これぐらいで良いだろう』と思い込むことではなく、自分に必要な金額を知ることです。

 

毎月の収入を自力で増やす方法をメールマガジンで公開中!

https://datetti.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

老後 貯蓄 目安 必要額 方法

老後貯蓄の目安・必要額は?貯める方法と3つのコツ

老後の蓄え 平均2017夫婦 独身 いくら

老後の蓄え平均を2017年データで考察!夫婦・独身いくらが目安?

老後に必要なお金 1人 独身 賃貸

老後に必要なお金は1人暮らしの独身・賃貸でいくら?貯めるべき資金をシミュレーショ...

老後資金 貯め方 30代 20代

老後資金の貯め方30代・20代は?準備・作り方7のコツ

老後に必要なお金 独身 女性 男性

老後に必要なお金は独身女性・男性でいくら?資金対策はどうする!?

老後に必要なお金 内訳 計算 最低生活費

老後に必要なお金の内訳は?最低生活費を計算してみた